大みそかになってしまいました。

今日は大みそか。
いろいろあった1年でしたが、私個人的には、大病もせずに無事還暦を迎えることができて、定年退職辞令を受領したことが一番大きな思い出となりました。丈夫な体を授けてくれた亡き両親と、奔放な私にじっと我慢して付いてきてくれているカミサンと子供たちに感謝です。
そして音楽的には、学生時代に夢中になってやっていて、もう二度と組めないと諦めていた Peter Paul & Mary のコピーバンド「SS&YY」を新たに組めたことです。この年になって、この新潟の地でバンド活動ができるなんて思ってもいなかったことでしたので、以前にも増してPP&Mに夢中になっています。
良いことづくめの一年でした。
さてさて、今月のブログをさぼっていましたので、皆さんにはしかられそうですが、、、
一気に今月分のいろいろあったイベントの報告をいたします。
12月4日 定例ライブ Vol.16
上記の「SS&YY」と「Windsong」の二組の出演でした。
Windosongは上越市のジョン・デンバー・トリビュート・バンドです。その演奏は見事にジョンの愛した自然や家族への想いというか空気感を醸し出していました。
SS&YYはいくつかのポカをやりながらも、精一杯の演奏をすることができました。PP&Mを歌っている時が一番幸せであることを再確認させてもらいました。
ジョンが作った「悲しみのジェットプレーン」をPP&Mがヒットさせたことでジョンがデビューしたという繋がりで組んだ出演者でした。
この二組とも1月22日(土)の「新潟 JAZZ STREET」で、このCapotastに出演しますので、是非お越しいただき、当時のラジオから流れてきていた懐かしい歌を一緒に歌っていただきたいと思います。
12月10日 Special Night かぐや姫とその繋がり
さすがかぐや姫の人気は凄かったんだなあと実感できました。何故って、、、参加された方々の演奏のコピー度が半端じゃあないのです。歌もギターも、それはそれは半端じゃあなかった!
南こうせつ・伊勢正三の二人が作って歌ってきた曲が、如何に受け入れられて歌われてきたのか・・・
そんなかぐや姫への熱い思いをもったお客様の中でもお見事だったのが、上越のくびき野フォーク村村長の矢澤論さんでした。かぐや姫のイベントは逃すことは出来ないと、わざわざ上越市にある会社が終わってから電車に飛び乗り駆けつけてこられました。その心意気、痛み入りました。
そして、もう一人、柏崎市から両足かかとの骨折のリハビリ中にもかかわらず参加された小林良一さん。同好の士が集まってのイベントに酔いしれたのでしょう、楽しそうに歌ったり談議に夢中になったりしていらっしゃいました。かかとの方は順調に回復しているのでしょうか?きっとこのイベントが特効薬となってくれていると思いますが・・・
県内屈指のかぐや姫のコピーバンド「とりぷる・お〜!」の山崎和博さん、伊勢正三の「風」にこだわって歌っている「モカ」の小出正樹さんと小柳徹さんのお二人や、前述の小林さんと「R&T」として天寿園コンサートに出演してくれた竹内広幸さんなどなど・・・そうそうたるメンバーによって22曲もの演奏が繰り広げられました。楽しい、実に楽しい時間でした。
演奏曲目
1.22才の別れ            12.北国列車
2.海岸通り              13.はずれくじ
3.ささやかなこの人生         14.僕の胸でおやすみ
4.大きな片思い            15.別れ道
5.加茂の流れに            16.そんな暮らしの中で
6.ひとりきり             17.眼を閉じて
7.妹                 18.けれど生きている
8.なごり雪              19.22才の別れ(アンコール)
9.置手紙               20.神田川
10.冬京                21.ひとりきり(アンコール)
11.あいつ               22.うちのおとうさん
12月17日 みほりょうすけライブ
新潟市西区青山出身の「みほりょうすけ」さんの投げ銭ライブがありました。
「すぅいーとXmas」という副題が付いていましたので、クリスマスソングも歌われて、イルミネーションが輝く中でクリスマスに相応しいひと時を過ごさせてもらいました。来年の更なる飛躍を!
12月19日 ボーカル・トレーニング・スタジオ 冬の宵コンサート(貸切り)
生徒さん達による発表会です。お一人お一人、緊張の発表が終わった後の、ほっとした安堵の表情で皆さんと乾杯する姿は微笑ましい光景です。回を重ねるたびに生徒さんの歌唱力が増していることが分かり、私も高田真紀子さんに習いたいと思うのですが、、、残念ながら、男子禁制のシステムなので諦めです。
12月24日 Special Night インストルメンタル
お客様の中で、インストルメンタルを弾かれている方々が集まってのイベントでした。
「いやあ〜!心地良いアコースティックギターサウンドに癒されます〜!」とカミサンは案の定お得意のうたた寝。。。しかし、皆さん うまい!!! あのテクニックを簡単に私の指に移植してくれる手立てはないものだろうか? クリスマスに因んだ曲も多く演奏していただき、イブに相応しい時間でした。
参加していただいた、横山義和さん・川口隆文さん・坂本祐介さん・柳義隆さん、ありがとうございました。
演奏曲目
1.戦場のメリークリスマス           14.ア・ウェーク・イン・ザ・モーニング
2.グリーン・スリーブス            15.ラスト・クリスマス
3.きよしこの夜                16.サー・ゲージ・ブルース
4.赤鼻のトナカイ               17.アメージング・グレイス
5.おじいさんの古時計             18.Yesterday Once More
6.ザ・クリスマス・ソング           19.Top Of The World
7.クリスマス・イブ              20.ノスタルジア
8.ホワイト・クリスマス            21.枯葉
9・帰れない二人                22.はなみずき
10.涙そうそう〜さとうきび畑(メドレー)   23.ベン・スーザン
11.素直になれなくて〜元気を出して(メドレー)24.マイケル・マイケル・マイケル
12.スイート・メモリー            25.中川さん
13.ルパン三世                26.Sunday Morning Over Cast
天寿園での Capotast Fan Club コンサートに多くのご来場を賜りましたこと、お店にも多くのお客様からご愛好賜りましたこと、感謝申し上げます。ありがとうございました。
来年もどうぞ御愛好賜りますようお願い申しあげます。
皆様、どうぞ佳いお年をお迎えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA