Capotast Fan Club Night

またまた、久しぶりの更新です。
9月の月山ワイン祭の後は、天寿園コンサートや秋葉温泉「花水」でのミニコンサートを開催してきました。
これらの報告は次回に、絶対に次回に報告いたしますので、お許しをいただきたいと思います。
さて、今日は明日と来月の「Fan Club Night」のお話です。
明日は、この店で知り合い、意気投合し、ユニットを組んでしまった「Harvest」と、マスターの私が学生時代から組んできたバンド「Music Shop」の2組の出演です。
「Harvest」というアルバムを覚えている方も多いと思いますが、そうです!ズバリ「二ール・ヤング」だけを演奏するユニットです。
「Harvest」と「After Gold Rush」の超有名な2枚のアルバムの楽曲を主体に演奏します。
ニール・ヤングの独特なベースランニング奏法を取り入れたギター・プレイをこよなく愛する山田さんと、キーの高いボーカルとエレキ・ギターで鍛えたリードギター・プレイを得意とする清水さんのニール・ワールドをお楽しみください。
「Music Shop」は、大学のサークル仲間で組んだバンド(PP&Mのコピーバンドのマリーが先輩と付き合いだして、デートで忙しくなったようで練習に出てこなくなったので、しかたなく泣く泣く解散した後に男だけで組んだバンド)です。
当時、Eagles、Loggins & Messina、Doobie Brothers、CSNY などが次々にデビューし、ウエストコースト・サウンドと称されたアコースティック・ギターとハイトーンなハーモニーが特徴の楽曲に魅せられた仲間でチャレンジしたというバンドです。
洋楽の2組の演奏となりますが、70年代前半のウエストコースト・サウンドをお楽しみください。
19時開演です。
そして来月4日(日)16時からは、初登場の大久保淳二さんと、お馴染みの上村会長の十日町高校同窓生による同級会のような「Capotast Fan Club Night」を開催します。
高校時代に二人は美術部に在籍し、しょっちゅう一緒にギターを弾いて歌っていたそうです。
そんな二人が、このCapotastで再会したというで、懐かしいフォークソングを一緒に歌います。
かぐや姫、吉田拓郎、NSP、遠藤賢二、井上陽水、中島みゆき、五つの赤い風船、長淵剛、さだまさし、
James Taylor、Simon & Garfunkel、などなど、多彩なアーチストの楽曲を演奏します。
聴きごたえのある二人のボーカルとハーモニーに時代ポケッツのメンバーがサポートに入りますので、
もう贅沢な時間となることは間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA