報告 県民会館1

 一年掛かりで準備してきたコンサートがついに幕を開けました。
セッティングに手間取り、スタートが20分遅れてしまいましたが、演奏が始まった時は、正直安堵しました。

さあ。
怒涛の10時間が始まりましたぁ~~~ッ!!!

<PurpleBamboo>

スタートは元気が出るデパペペのギター演奏をしてくれる親子バンドの「Purple Bamboo」
相変わらずの心地よいリズムとメロディーを聴かせてくれました。
ベースをギターに持ち替えたり、アレンジを変えたり、ステージ毎にすごい工夫をしてくれます。

ステージ最前列に白いギターが立っていますが、永井さんが昨年4月から作ったという贈り物でした。全く知らなかった私に、朝の全員ミーティングの場でプレゼントしていただき、感激いたしました。永井さん、ありがとうございました。お店のTVの上に飾らせていただきました。

<暗黒バンド>
 関西出身のお二人による、ナターシャ・セブンとブルーグラスの演奏です。
右側の坂本さんは、岡山から車で9時間も掛けて参加。たった15分の演奏時間で申し訳ない気持ちでした。高校時代からやってきた阿吽の呼吸といった演奏が見事でした。
いつもニコニコ笑顔の柳本さんが、いつも以上に嬉しそうに演奏していましたね。
懐かしく、やっぱり昔の仲間との演奏が楽しかったんだと思います。

<斉藤新一>

 Fan Club コンサート初出演の斉藤さんが、他の会員にない若さ(!)で、私たちにOn TimeのBeatlesを元気に演奏してくれました。
彼の歌詞ファイルは不思議なんです。どの歌にも歌詞は書いてあっても、ギターコードが書いてありません!? 凄いことです!真似できないことです!

<フライデー五十嵐+オーシャンズ>

やはり、コンサート初出演の「オーシャンズ」とフライデー五十嵐さんのコラボ・バンド。
フルート2台のハーモニーという、珍しいユニットは新鮮な感覚でしたね。
歌もフルートもピアノも良い!! フライデーさん、これからが楽しみですね。
 

<万代消防団>

実際に、万代地域の消防団を中心に組んだバンド。
千春、千春、千春、、、歌い込んで来ているなぁ~!!!という演奏でした。
リズム・セクションは当クラブ随一のバンドです。

 <高志1丁目> 

70年代前半のフォークソング全般がお好きな「高志一丁目」
いつもはご長男とのデュオですが、今回はお一人でした。
やはり、昔から歌い込んできた歌を披露してくれました。 

<会員番号3番 保坂>

保坂さんには誰にも負けない特技があります。奥田民生・さだまさし・Beatles・etc.と守備範囲は広いのですが、一切歌詞ファイルを見ないで演奏されます。
凄い記憶力の持ち主なんです。歌う前に天井をチラッと見た瞬間に、歌のデータが脳のどこかから降りてくるようです。今回は、一番好きな奥田民生を歌ってくれました。 

<関根幸夫>

関根さんは多彩な趣味の持ち主で、車でのラリーや、県アマにも出れる実力のゴルフ、そしてギターと歌です。ハイトーンな声で、中島みゆきを歌わせたら凄いです。今回も1曲「ヘッドライト・テールライト」を歌ってくれましたね。

 <アルビ神林>

アルビレックスの熱烈なサポーターの神林さん。試合結果で一喜一憂しながら、土曜日に歌いに来られます。この日は、演奏後に試合があり、大勝という結果だったので、その後の機嫌の良いことといったら、、、、
 リズムボックスという武器を引っさげて、一人バンドの音を、本当のバンドの音のようにして演奏してくれました。洋楽・邦楽、何でも来いや!! 

<樋口雅敏>

コンサート初出演の樋口さんの弾いているギターが凄い代物なんです。
若い頃に買ってもらったギターだそうですが、そのビンテージな音に「告井延隆さん」というプロがゾッコン惚れてしまった1本です。告井さんが4月に来た時に、あのギターを弾きたい!弾きたい!と繰り返していました。
普段は、人の演奏に合わせてスライドギターを弾いていますが、今日は、なつかしい歌を歌ってくれました。 

 <肴(イオ)> 

単身赴任中に独学で覚えたピアノの弾き語りを披露してくれた「肴」。
「肴(イオ)」は高校時代のバンド名だそうですが、今度は、そのバンドでの演奏も披露してもらいたいと思いました。
そうそう、打ち上げで差し入れしていただいた「アイスキャンディー」を無つけき男性陣全員が一斉にペロペロと食べている構図は異様でしたね。 

 <Yamame> 

いつもお店では演奏よりも下ネタMCが得意とおっしゃってますが、なんのなの、MC以上に演奏が光っています。還暦も過ぎた年輪を感じさせる演奏でしたね。
今度一緒にYAMAMEを釣りに行きたいですね!ギターも担いでいきますか!

 <Ryuz>

60年代後半のフォークソングや拓郎が好きなお二人。オヤジバンドの粋を披露してくれました。阿部さんの的確なギターとハーモニーが柳さんの暖かい声に絡んで、聴いていてホットする演奏でした。また、阿部さんのギターによるベース演奏?!が不思議な感覚でもありました。 

<スケアクロウ>

ギターの音がスムースに出なくて、ご迷惑をおかけしてしまいました。
スケアクロウは、私達FanClubの指標・目標のバンドです。
フルバンドは6人で、皆さんお仕事が忙しい中、毎週のように練習して、天寿園やこの県民会館や音文で年一回のリサイタルコンサートを開催しています。その時は、「さだまさし事務所」から大きな花束が贈られてくるという凄いバンドです。
スケアクロウの天寿園でのコンサートをキッカケに、Fan Clubが立ち上がり、コンサート活動が始まったという、ホントに有難い指標バンドです。
今回も、さだまさし・中島みゆきを演奏してくれました。 

<吉岡 丹>

吉岡さんも初出演です。
学生時代から作り続けたオリジナルが300曲を超えているというから凄い創作力の持ち主です。陽水やビートルズも大好きで、お店ではニコニコと嬉しそうに演奏されています。
今月の花水にも初出演しますので、皆さん聴きに来てくださいね。対バンは、スケアクロウですよ!!! 

<マイッタ上田>

インストルメンタルを演奏しますが、???えッ!???ギターの弾き方が尋常じゃない!叩いています。左手で弾いています!!!もう、不思議な感覚を覚える凄い演奏でした。
そして、18番の「ボレロ」は凄かった!「マイッタ」のは、私達でした。
6月のNHKのクイズ番組「HOLD ON」に出ることが決定したそうです。チャンピオンになってくださいね! 

<横木 愛>

男性会員が断然多い中、ピアノ弾き語りでユーミンやオリジナルを歌ってくれる数少ない女性会員の愛さん。愛さんがご来店されると、男性陣は、手元や横顔が見えるテーブルに移動して、おとなしく並んで聴いてしまいます。楽しい構図が見れますよ! 

<ホテルマン沖津>

クラブ随一のハイトーンボイスで歌う「竹田の子守唄」は艶があって、ほんとに聴き惚れてしまいます。絶品です! 観客の皆様も、私と同様に惚れてしまった方が多数おられましたね!
ギターを抱え込んで歌う様は、学生時代の壁が薄いアパートで一生懸命練習していた風情が忍ばれて、これまたほのぼのとしてイイんだな!
7月14日(日)14時から、当店での新潟Jazz Street に出演して、得意の英語の曲を歌ってくれることになっています。
皆さん、聴きに来てくださいね!

<時代ポケッツ>

前半最後の、19番目のバンド「時代ポケッツ」
以前から凄い演奏を聴かせてくれていましたが、ドラムのサポートが入り一段と昇華した感がありました。個性が際立っている4人によるピッタリと同調した演奏は鳥肌ものでした。クーーーッ! 堪りません!! 

前半終了

後半は、しばし時間をください。
なにせ出演者が多いので、コメントを書くにもエラく時間が掛かってしまいます。後半のアップは22日(水)を目標に頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA