7月14日 その2

Blendの次は、初出演の「ホテルマン沖津さん」

「竹田の子守唄」を十八番にしている沖津さんですが、洋楽も凄いんです。
誰もコピーできないような独特のハイトーンボイスで、懐かしい洋楽のバラードを熱唱してくれました。チョッと喉を痛めていたようで、本人には不本意な結果だったようです。次回、リベンジですね!

 

やはり、ソロでの初出演となった「アルビ神林さん」

その名の通り、アルビレックスの熱烈なるサポーターである神林さんは、アルビの戦果で演奏に影響されるようです。前日は、確か勝利していたはずですので、気合が入った演奏でした(笑い)
リズムボックスを味方にして、一人演奏が奥深いものになっていました。
Harvest、斉藤新一さん、そしてソロと今回のイベントで、一番の出演数となりました。
ご苦労さまでした。

 


今回、ブルーグラス界から唯一の「Island Grass」です。
ベース・フィドル・サイドギターの達人をサポートに加え、いつも以上に熱い演奏を聴かせてくれました。ギターもフラットマンドリンも歌も極上です。絶滅危惧種などと言わなくてもいいように、益々盛んに演奏を繰り広げて愛好者が増えると良いですね。

 

先回は空き時間に飛び込みで演奏してくれた「Mr. Graham Smith」

今回は、正式にエントリーしての演奏です。
ギターが鳴ってます。ほんとに見事にギターをかき鳴らしています。
歌もオリジナルも素晴らしいです。彼が初めてお店に来た時に、一発でFanになってしまいましたね。他のお客様から、「英語、うまいね! どこで習ったの?」なんて、とぼけたツッコミに「シカゴ」と上手く受け答えしてたセンスも見事でした。
長男の「アイゼアー君」が可愛かったなぁ~!(オット、演奏とは関係なかった、、、)

 

常連の「Purple Bamboo」の登場です。

流石、親子の息の合った演奏は気持ちいい!!
ベースのリズムと音の広がりと、益々聴き応えのある演奏でした。
Fan Club の副会長でもあり、不精な私の代わりにこのブログを一所懸命アップしてくれている
永井さんが転勤してしまったので、アップが無いと叱られています。永井さん~、早くもどってきてくださ~い!!

つづく

7月14日 その2” への1件のコメント

  1. 初めまして。いきなりのコメント失礼します。私は現在京都で弾き語りライブをしております。来春から地元新潟での就職が決まり、新たな活動場所を探していたところcapotastさんを見つけました。出演者の募集等詳しいことが知りたいです。どのような方法で連絡をとればよろしいですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA