Yamaha LJX26CARE をメンテに出します!

記:Master

Capotast をオープンした翌年に購入して、9年が経過した「Yamaha LJX26CARE」をメンテ入院させることになりました。

症状は、6弦がビビります。
0・7・8・9・10・11フレットでビビっています。
チューニングしている時からビビっていて、どうにも気持ちが悪い状況が出ていました。

入院先は、六日町の「ゼベット・ギター工房(白井政樹さん 090-2480-3298)」です。
彼は、わざわざ六日町から「Dreadnought」というバンド仲間3人で当店に遊びに来られてからのお付き合いをさせてもらっていて、その人柄と音楽に対する真摯な姿勢に魅せられてきた方です。
彼が、確か50才で脱サラ・独立開業された時から、私を含め、多くのお客様がメンテに出してきていて、全員がその後の愛機の状態に大満足しているという名工です。

このブログを読まれた方で、どこにギターのメンテナンスを頼んだら良いのか迷っている方がいらっしゃったら、ゼベット・ギター工房をお奨めします。

退院(出来上がり)が楽しみです。