H29.3.11の店内

記 CapotastFanClub幹事 U

🎵最近はフライデーならずサタデーの五十嵐さん、今日はふきのとう、シグナル等楽しそうに歌っています。(^‗^)🎵

今日は五十嵐さんに感化されたのか、かぐや姫を歌っている鈴木さんです。(^_^)

マスターが2/25(土)に開催したビートルズナイトの影響か、ビートルズを歌っております。ご機嫌なようです。(^-^)🎵

以上 土曜日のラリビーでした。m(._.)m

3月25日(土)Capo Night vol.9 「ラリビー上田」のお知らせ

記:Master

Capotast Fan Club 会員による店内ライブ「Capo Night」に、さだまさしを得意とする「ラリビー上田」さんが登場します。

「まほろば」「修二会」「案山子」「飛梅」「風に立つライオン」などなど、名曲を熱唱する上田さんのワンマンライブです。

最近の演奏では、その「自虐的ネタ」のMCも際立っており、旨く笑いをとっています。

是非、容貌もさだまさしに似ているラリビー上田さんの演奏を聴きにお越しください。

開場:18時
開演:19時30分
入場料:1,000円(ワンドリンク付)

2月15日(水)告井延隆ライブ SGT.TSUGEI’s ONLY ONE CLUB BAND vol.14

記:Master

来週2月15日(水)19:30~
「SGT. TSUGEI’s  ONLY  ONE  CLUB  BAND  vol.14」が開催されます。

開場:19時
開演:19時30分
入場料:前売り・予約:3,000円、当日:3,500円(共に、1drink付)
懇親会(ご希望者のみ):3,000円(フード付き飲み放題)

独りで、ビートルズの曲をインストルメンタルで演奏します。
当然メロディーを弾きますが、ドラム・ベース・サイドギターまで何処まで原曲を表現できるかに挑戦し続けていらっしゃいます。

ですので、何故か?不思議にも? バンドの演奏として聴こえています!?
頭の中では、ジョンやポールやリンゴが歌っています。
私も一緒に口ずさんでしまいます。
ホントに楽しい時間を過ごさせてもらえます。

 

ビートルズがお好きな方には、是非とも聴いていただきたいライブです。

お電話でのご予約を承っております。
☎  025-250-0290 (17時~23時、担当 相田)

今週2月10日(金)は、貸切りライブです。

記:Master

今週10日(金曜日)は、貸切りライブです。

主催:Music Drop
開場:17時30分
開演:18時
入場料:A 2,000円/D 2,500円 + 1drink代別途

■2016年10/30開催の岩船ひろきワンマン応援企画のメンバーを軸に開催!

※学生無料キャンペーン実施(フォーム応募 + 当日学生証提示必須:drink代別途)

出演者:
1.18:00~18:25 小関 峻(アコギ弾き語り)
2.18:30~18:55 真島 梓(ピアノ弾き語り)
3.19:00~19:25 磯貝マナト(アコギ弾き語り)
4.19:30~19:55 鈴木友里絵(アコギ弾き語り)
5.20:05~20:30 市川淳之介(アコギ弾き語り)
6.20:35~21:00 新谷隼平(ピアノ弾き語り)
7.21:05~21:30 岩船ひろき(アコギ弾き語り)

以上、県内外の7名の演奏が繰り広げられます。

是非、お越しください。

第3回 Capo Festa 報告

記:Master

2月4日(土)14:30~21:00
Capotast Fan Club 会員9組による店内コンサートを開催いたしました。
8時間におよぶコンサートでしたが、出演者の演奏力の高さで、時間を感じさせないあっという間の一日でした。

お越しいただいたお客様、ありがとうございました。
出演者の皆様、お疲れ様でした。

スタートは、第1回に引き続き出演された「リーブル西川さん」
今回は、最近加わったパーカッショニスト「斎藤さん」とのユニットでの演奏を披露してくれました。
元々、歌もギターも滅茶苦茶上手いリーブル西川さんに、しっかりした・小気味よいリズムが加わった演奏は、心地良いとしか表現できません。
一流メーカーのメイネルのカホンのサイドを叩いた時の透き通るような乾いた「カツーンッ」という音が気持ち良かったです。

2番手は「B♭」(ビーフラット)
かぐや姫・風が好きだった3人が、紆余曲折して、遂にバンドを結成してしまいました。
今回の演奏が、初ステージとなりました。
フライデー五十嵐さんのボーカルに、杉山さんと巻口さんのハーモニーが良い感じで絡みます。また、定評の巻口さんのリードギターも良いんです!(酔拳???)
今後の発展?展開?が楽しみです!


3番手は、岡林信康を得意とする「鈴木公春さん」
60年代に日本のフォークソングシーンが始まった初期の頃に「フォークの神様」と云われた岡林さんの代表的な反戦歌「私たちの残したものは」を歌いきってくれました。
高校生時代にラジオから流れる曲と一緒に歌ったものでした。懐かしかった!
髭を伸ばした鈴木さん。似合ってます!!!

4番手は、ギターもピアノもこなす「伊藤 巧さん」
最近は女性が歌うバラード曲を中心に演奏してますが、若い頃に作った「オリジナル」も秀逸でした。張りのある通る歌声は、私をぐいぐいと引き込んでくれました。
スタンディングで歌ったり、椅子に腰かけて歌ったり、ピアノで歌ったりと、狭いステージを目いっぱい利用してくださいました。「変化をつけたかった(本人談)」とのことでした。

5番手は、「坂本祐介さん」
久々のイベント出演となりましたが、相変わらずのボーカルとギターは衰えていませんでした!坂本さんの声質に合っていると感じた「メロディー」に聴き惚れてしまいました。

坂本さんと云えば、私と一緒にいると何かが起こります!
数年前の「だいしホール・コンサート」での電源ダウン事件。
昨年の紳士事件。
でも、坂本さんが下手人では無いことを証言しておきます!
坂本さんは、被害者です!
ですが、、、この先には何が起きるのでしょうか?(笑)

 

6番目は、「フライデーズ」
あれッ?
2番手の「B♭」の3人も入ってます!
が、右端の巻口さんは、サポート・ギタリストです。
フライデー五十嵐さんと杉山さんがメンバーのフライデーズの練習に、巻口さんが一緒になって「B♭」の練習をやってきたとのことで、リードギターでサポートに入ってしまったとのことでした。
五十嵐さん・大倉さん、女性二人によるハーモニーは、当Fan Club の中でも唯一無二のものです。良い感じのハーモニーを聴かせてくれます。
今、記事を打ち込んでいる時に気付きました。
巻口さんのテーブルに、酔拳の元が、、、、、

 

7番手は、「LUCKY」
女性メンバーが都合でお休みとなり、男性陣お二人によってハードロックやR&Bの楽曲をアコースティックで表現するという超貴重な演奏を展開してくれました。
ギターの折川さんはハイコードでリズムを刻みながら弾き続け、ボーカルの石原さんは凄いハイトーンで歌い続けていました。
折川さんは左手の握力の限界・石原さんは喉の限界に挑戦したハードなステージでした!

 

8番手は「カタピーさん」
得意の「松山千春」を歌いまくりました。
写真の嬉しそうな笑顔が、カタピーさんの気持ちを良く表していると思います。
歌いながらの笑顔って、なかなか難しいんです。
どっちかっていうと、上手く行かないって渋い顔になっていることの方が多いかなぁ!?
って、私の事でした。
千春が発表した曲は、全曲歌えるカタピーさん!
凄すぎます!!!

 

いよいよトリ、9番手は「結城 勝さん」

中学から35年強、長渕剛だけを歌い続けてきた強者です!
初期の楽曲を中心に歌ってくれましたが、男性のご友人が、とある曲が壺に入ったようで涙を流されていました。演奏する者にとって、嬉しい瞬間だったのではないでしょうか!?
結城さんの演奏は、コピーの領域を遥かに超えて、完全に自分の想いを歌に託した「カバー」の領域に達しているように感じました。
気合も入っていましたね!

長い長い、8時間におよぶ記事をお読みいただきまして、ありがとうございました。

次回は、8月5日(土)に開催予定です。
さてさて、どんな会員がエントリーしてくれるのか?
楽しみにしていてください。